スタッフブログ

石野 珠希(イシノ タマキ)

カーサイドタープの使用感をレビュー!

[2020/10/11]

スタッフ:
石野 珠希(イシノ タマキ)
カテゴリー:
ショールーム日記
みなさま、こんにちは。
いつもシトロエン千葉のブログをご覧いただきまして、
誠にありがとうございます。
カスタマーアシスタントの石野です。

カーサイドタープを実際に組み立ててからもう二週間ほどでしょうか…?
.
みなさまにすごくご好評をいただきまして、
すでにベルランゴをご購入済みのお客様にも追加でご注文をいただいたりと
モテモテの純正アクセサリーとなっております😊

こちらのブログでもよく取り扱わせていただいておりますが、
アシスタントの石野の使用感をさっそくシェアさせていただこうかと思います。

まずこちらはカーサイドタープを広げる前の状態です。
.
重さは大体9キログラムです。
重いといえば重いのですが、別に持てない重さではないですし、
そもそも車に取り付けるものなので少々の移動は気になりません💡

そしてエアチューブに空気を送り込むためのアイテムがこちらです。
.
このポンプが優秀なので、
こんなに大きいカーサイドタープもなんとたったの5分でここまで膨らますことができます🙄💕
.
このような吹き込み口が四つあるので、
三つを閉めて残ったところから空気をいれていきます。

膨らみ切った際は上部分にベルトがついているので、
車両に固定することが可能です。
.
キャリアに通して10センチくらいの遊びの部分を残すのがポイントです💡

つぎはコネクションシートを取り付けます。
大きさはこのような感じですが、決してグランドシートではないのでご注意くださいね⚠
.
車両の下部分からタープ内に外気が入らないように空気の流れを遮る役目を果たしてくれます。

こちらを取り付けて、ペグを打ちつければ完成です😊
外での雰囲気はこのような感じ♬
.
ポールはないのでお手持ちのものをご用意していただく必要がありますが、
それでもここまで設営するのに20分もいらないと思います🙆‍♀️

しかも、一番のポイントは「1人で設営ができる」ということです。

価格は95,000円(税込)ですが払うだけの価値を感じます。

クーペスタイルの車高の低いお車以外であれば取り付けられますので、
シトロエンユーザーのみなさまにも自信をもっておすすめできます✨

(C3はルーフキャリアをつけないといけないかもしれませんが、個人的にはタフな吸盤などあれば大丈夫かもしれません。)

明日はタープ内の内装について😊
.