スタッフブログ

和田 謙一

クルマを買い替えるタイミングとは②

[2020/05/08]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
プライベートダイアリー
皆様 こんにちは。
統括マネージャーの和田です。
このGWは皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?
和田も大変忠実に3密回避をしておりました。
外出自粛を続けていると普段しない色々な事を
する自分を発見したりして・・・
そんな私もiPhoneの中の写真を整理しておりました。
ここ3年間の和田号の写真がわんさかと発見され
ました。今日は時系列でここ3年の和田号の
ご紹介をしたいと思います。

まず、プジョー208Styleです。
小型のプジョーはベーシックグレードがNo.1と
信じてやまないチョイスです。
これはStyleの中でもレザーステアリングホイールや
バックソナー、リアのティンデッドガラスが
装着された最終バージョンでした。
和田号の中でも最短の使用でなんと1か月しか
乗らなかったクルマでした。
208がダメとか悪いとかという訳では
ありませんので念の為。
その理由がこれ。
2番手の和田号がC4カクタスです。
本来社員には回ってこないクルマだったのですが
色々なタイミングがばっちりあって和田号と
なりました。
約6か月間、15,000㎞ほど使用しました。
基本的に不満は少なく、大変良いクルマでした。
6か月間で降りた一番の理由はズバリ『目立つ事』。
小さなお子様に指を指される事は度々で
一番やっかいだったのはコンビニエンスストアで
なかなかいい感じで酔っぱらった御仁に
度々『これなんのクルマ?』とか
『君には似合わないね-』とか声をかけ続けられて
少し凹んだ事が原因でした。
こう見えても超のつく人見知りで、知らない人から
声をかけられる事にプレッシャーを感じてしまった
のでした。
でその次がこれ。
DS3スポーツシックです。
前期型の特徴のビュンビュン回るEP6エンジンが
特徴の1台です。実はこの個体、新車で和田が販売した車両で
1度下取車両として入庫して、もう1度下取車両として
入庫した際に不思議な縁を感じて和田号としました。
やれクラッチオーバーホールやらタイミングチェーン交換やら
がっつり手を入れて55,000㎞から72,000㎞まで
約17,000㎞ほど乗りました。
50才超えるとマニュアルトランスミッションはもう無理だなと
思いつつ生涯最後のMT車として楽しみました。
DS3はエンジンパワーとシャーシのバランスが非常に良く
早いクルマではなかったのですが、非常に良い印象の1台でした。
でその次がこれです。 この車を境に308SW街道をまっしぐらです。 この車両はプリプロダクションといって 本来この年式にはない『DENON』の スピーカーシステムが搭載されていた1台です。 とにかく400NM超えの強大なトルクが特徴の1台で それでいて燃費も良いおそろしいクルマです。 GTは他のSWと比較をして10㎜ほど車高が低く フロントディスクブレーキも 大きなサイズの物が装着されており、 ワゴン版GTIと言っても過言ではない ハイパフォーマンスが非常に気に入っておりました。 約1年間、走行距離にして27,000㎞ほど走りました。
で今はこうなっております。

ディーラー業に従事していて一番の幸せは
自分の好きなブランドのクルマが常に
周りにあるという事ではないかと常々感じます。
他のブランドを含めて好きなクルマはなにかなと
考えても概ねPSAのクルマに目がいってしまうんです。
まあこれも病気という事で・・・

それではまた。

和田 謙一

御礼

[2020/04/29]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
お知らせ
こんにちは。統括マネージャーの和田でございます。
4月29日の本日、今日よりGWに突入致しました。
GWという表現も全く似つかわしくないこの令和2年
4月も月末となりました。

新型コロナウイルス蔓延の中でシトロエン千葉に
ご来場頂きましたお客様、このオフィシャルサイトを
いつもご覧頂いている全てのお客様に深く御礼を
申し上げます。

厳しい環境下でオープンをしたシトロエン千葉が
本日まで営業をしてこれたのも全て皆様のおかげと
実感をしております。
政府の緊急事態宣言も全国に広がり厳しい状況が
続き、外出自粛と厳しい措置が続きます。
私たちは自動車という交通インフラの一端を担う企業と
して十分に感染拡大防止に配慮しながらも
社会的責任を十分に考え、営業を継続して参ります。

これからも、皆様に安心してご利用頂ける
シトロエンディーラーとして日々努力をして参ります。
今後共ご愛顧のほど宜しくお願い致します。

株式会社タジマモーターコーポレーション
プジョーシトロエン営業統括責任者
和田 謙一

和田 謙一

クルマを買い替えるタイミングとは!

[2020/04/23]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
プライベートダイアリー
皆様 こんにちは。
さて恒例?の和田号近況紹介です。
いつもならばプジョー目白やシトロエン板橋の
ブログに登場する和田号308SWですが
今日はシトロエン千葉におります関係で
ここから登場致します。

さて令和元年9月20日登録の和田号ですが
今回は邪念に惑わされる事もなく順調に
マイレージを重ねております。
本日現在の走行距離は23,057㎞です。
脅威の月間平均走行距離が3,293㎞と
タクシー顔負けの走行距離となっております。

今回、一番のお気に入りポイントが
何といってもレザーシートで
腰痛持ちの和田が全くと言ってよいほど
不自由を感じておりません。
基本1日の走行距離が現在150㎞弱の
通勤使用なのですが、疲れて走る帰路でも
腰が痛くなった事がありません。
乗り始めた当時、やれ電動じゃないとか
ブツブツ言っていた事を既に忘れております。
実はレザーシートってあまり好みではなかった
のですが、このシートは望外に良いシートでした。
併せてお気に入りポイントは
驚くほどの低燃費で生涯平均燃費は
なんと20,4㎞と素晴らしい数字を
叩き出しております。現在いつも使うスタンドで
リッター94円で給油しておりまして
1か月間のこの走行距離でも燃料代が約20,000円と
大変ありがたい状況になっております。

この月間平均走行距離で5年愛用してしまうと
198,000㎞になってしまい、2年の新車保証延長に
加入しているとはいえ、どこで次のクルマに
バトンタッチするか非常に悩ましく
日々の大きな考え事の要因になっております。

これから新型で発売されるPSAのクルマは
複数あり、ベルランゴ、リフター、208、2008等々
いつまで乗って、いつ替えるのか難しいです。
よくお客様に『クルマを買い替える時に悩むのって
楽しいですよね?』なんて脳天気に言っておりますが
今回だけは非常に難しい判断を迫られております。
今のところディーゼルエンジン一択なので
508かC5エアクロスくらいしか選択肢はありません。
この悩みはいつまで?
贅沢極まりないと怒られてしまいます・・・。

和田 謙一

希少な展示車両発見!!②

[2020/04/16]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
ショールーム日記
皆様 こんばんは。
統括マネージャーの和田です。
本日新人の田中がC3エアクロスのブログを
書いておりました。
和田が言うのもなんですが、新人らしからぬ
視点でのご案内、決して悪くはありません。
しかーし!ここは大人のブログを
先輩の意地を見せて書いてみたいと思います。
(あんまり大した事なかったらすみません)

現在、キャンペーンを実施している
このC3エアクロスですが
『CITROEN SPRING SUVキャンペーン』と
銘打ってパッケージオプションを
無償にてご用意させて頂きますというものですが
今のシトロエン千葉の見頃は希少な
ホワイトアクセントが2台並んでいる事で
それも希少なカラーが2台となかなか見応えがあります。
標準のShineがインクブラックとホワイト
パッケージオプションがサーブルとホワイトと
前後に配置をしています。
この角度からだと2台の違いが良くわかります。
標準のShineの魅力は何といっても
プレーンなC3エアクロスの良さが味わえる事で
195/60R16のナチュラルなタイヤが生み出す
足さばきは見逃せないポイントです。
デザインスケッチからそのまま出たような
大径ホイールのパッケージオプション車と
こんなに違うのかと感心しきりです。

パッケージオプションのポイントは
パノラミックガラスルーフの生み出す解放感と
路面を選ばないグリップコントロールの
組み合わせ、標準のShineはC3エアクロスの
素性が味わえるソフトな雰囲気とどちらも捨てがたい
魅力にあふれる2台です。
『じゃあ和田さんはどちらを選びますか?』
なんて質問には自信をもって答えます。
和田はすばり『Feel』です。
C3エアクロスのFeelグレードはなかなかお目に
掛ける機会の少ないグレードですが
落ち着いたグレーの内装と革巻きステアリング
主要装備に極端に違いのないおススメグレードです。

さあ皆様はどれにしますか?
ちなみにシトロエン千葉では標準のShineでも
大変よさげな特典をご用意しております。
よろしければぜひお問い合わせください。
それでは。

和田 謙一

少し気持ちが明るくなるように・・・

[2020/04/13]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
ショールーム日記
統括責任者の和田でございます。
連日の話題と違う観点でブログを書きます。

今年は桜の季節も過ぎました。
例年より少し咲いている時間が
長かったような気がします
雪と桜がコラボレーションしたり・・・

そろそろ5月、端午の節句です。
ショールームも少しだけ雰囲気が
変わるようにとアシスタントの石野が
飾ってくれました。
厳しい状況の中でも少しだけ
ほっこりする時間をお感じ頂ければ幸いです。